プロが教える住宅ローンのテクニック
住宅ローン借り換えの手数料と諸費用はどれくらい?新着!!

住宅ローン借り換えには手数料等の諸費用が発生します。通常、手数料・諸費用は融資額の3%程度になりますが、新生銀行、楽天銀行等ではもう少し安くなります。諸費用の大半は借入に上乗せして借りるので、現在の残高よりも借り換え先銀 […]

続きを読む
金融機関分析
新生銀行住宅ローン借換キャンペーン金利(2022年)

新生銀行では、住宅ローン借換について金利、融資手数料が得になる期間限定キャンペーンを行っています。変動金利が0.350%とランキング上位に来る他、別途、融資手数料を0にするプランも用意されています。住宅ローンの借換を検討 […]

続きを読む
金融機関分析
ARUHI(アルヒ)のスーパーフラットとセゾンフラット35の比較

フラット35の中でも金利が安くなるARUHI(アルヒ)スーパーフラットとセゾンのフラット35保証型。いずれも自己資金を多く用意できればできるほど金利が低くなる仕組みになっています。今回はアルヒとセゾンのフラット35を比較 […]

続きを読む
金融機関分析
新生銀行ステップダウン型のメリット、デメリット(2022年最新情報)

新生銀行にはステップダウン型金利という住宅ローンがあり、このコラムでも何回か記事として取り上げました。ステップダウン型は一定期間ごとに金利が低くなっていくという特徴がありますが、融資実行時点で返済完了までの金利が確定する […]

続きを読む
金融機関分析
ARUHI(アルヒ)スーパーフラットのメリット、デメリット(2022年最新情報)

全期間固定金利のフラット35には大きく2種類の商品があります。一般的なのは「買取型」と呼ばれるものですが、ARUHI(アルヒ)など一部の金融機関では「保証型」と呼ばれる商品も出ています。最低金利が決められていてそれ未満に […]

続きを読む
プロが教える住宅ローンのテクニック
住宅ローンの変動金利は上がるのか? 金利上昇の2パターン

世界的にインフレ→金利上昇という流れが起き、日本にも波及、長期金利の上昇傾向が見られます。住宅ローン金利も全期間固定や10年固定などで上昇しました。そのためか最近では金利上昇に関する問合せ(や取材)が増えています。ここで […]

続きを読む
金融機関分析
新生銀行ステップダウン型の最新情報とフラット35との比較

2017年11月に、新生銀行の全期間固定金利にステップダウン金利タイプが登場しました。当時は金利が高く使い道があまりありませんでしたが、現在は金利が下がり、フラット35と比べても利用価値があると言えます。今回は再度、新生 […]

続きを読む
プロが教える住宅ローンのテクニック
フラット50の特徴、フラット35との比較

フラット35は最長35年の全期間固定金利ローンですが、フラット50は借入期間を最長で50年にすることができます。金利は高くなってしまいますが、借入可能額を大きくすることができます。「その年収では、そこまで借りられません」 […]

続きを読む
金融機関分析
じぶん銀行変動金利0.380%とジャパンネット銀行の比較

じぶん銀行の変動金利は元々0.457%ですが、期間限定で0.410%になりました。じぶんでんきに加入すると0.03%割引になり、0.380%となります。ジャパンネット銀行0.399%よりも低くなり、変動金利ではNo1の安 […]

続きを読む
金融機関分析
三井住友銀行WEB申込専用住宅ローンの3年固定のメリット・デメリットと他行との比較

三井住友銀行ではWEB申込専用の住宅ローン金利が提供されています。特徴は変動金利と3年固定が低くなっているという点。今回は三井住友WEB申込専用住宅ローン3年固定のメリット、デメリットについて解説し、他行との比較も行いま […]

続きを読む