金融機関分析
住宅取得資金贈与の非課税制度2022年最新情報とアルヒスーパーフラット

親や祖父母等から住宅購入資金の贈与を受ける際、最大1,000万円分まで贈与税が非課税になる制度(住宅取得等資金の贈与税非課税措置)があります(2022年、2023年版)。利用できると住宅ローンの金額を減らせ、資金計画は楽 […]

続きを読む
プロが教える住宅ローンのテクニック
住宅ローンの変動金利は上がるのか? 金利上昇の2パターン

世界的にインフレ→金利上昇という流れが起き、日本にも波及、長期金利の上昇傾向が見られます。住宅ローン金利も全期間固定や10年固定などで上昇しました。そのためか最近では金利上昇に関する問合せ(や取材)が増えています。ここで […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
最大減税額は35万円へ 2022年の住宅ローン減税改正のポイント

2022年、住宅ローン減税が改正されます。今までよりも減税額は小さくなってしまう人が多いです。また建物の種類によって最大減税額が4つに分類されるようにもなりました。今回は「注文住宅を新築する場合」の住宅ローン減税について […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
2018年4月からのフラット35の商品改定

フラット35が2018年4月改定され、融資手数料等の費用を借入対象とできるようになりました。これにより自己資金が少なくてもフラット35のメリットを受けられるようになりました。 2018年4月から借入対象費用となるもの 2 […]

続きを読む
金融機関分析
フラット35リノベ、4月から金利引下げ0.5%に縮小

中古住宅の流通が少ない日本でその流通を促進しようという各種政策が行われています。その1つがフラット35リノベです。性能が劣る中古住宅を購入し、性能向上リフォームを行う場合にフラット35リノベが使え、フラット35の金利引下 […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
銀行種類ごとに見た住宅ローンの特徴と違い

住宅ローンのプロからみて、銀行の選択はとても重要ですが、多くの人は正しい選択ができていません。今回は銀行の種類ごとに大まかな特徴をまとめておきます。例外もありますので銀行の比較の際は最新情報をチェックするようにしておきま […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
中古住宅の購入とリフォームに使えるフラット35リノベ

中古住宅を購入してリフォームを行う場合、中古住宅購入金額とリフォーム金額を合わせてフラット35で借りることができます。2016年10月より「フラット35リノベ」という商品が新しく出て、金利の引下げを受けることができます。 […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
住宅ローンの審査に落ちる理由は?

住宅ローンの審査は色々な項目を総合的に評価して決められるものです。自分自身で確認できる、住宅ローンの審査ポイントをまとめます。プロから見て意外と多いと感じるのは「クレジットカードや携帯料金の延滞」です。 審査に通るかまず […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
元利均等返済と元金均等返済の違い、メリット、デメリット

住宅ローンの返済方法には「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。一般的には「元利均等返済」の方が多く使われますし、金融機関によっては「元金均等返済」がない場合もあります。ここでは元利均等と元金均等をどう選べ […]

続きを読む
住宅ローンの基礎
基準金利(店頭金利)と適用金利の違いって?

住宅ローンの金利には「店頭金利」(「基準金利」)と呼ばれるものと「適用金利」と呼ばれるものの2種類があります。これらを理解しないまま住宅ローンを借りる人が多いですが、意外とこの違いは重要です。しっかり理解しておきましょう […]

続きを読む