住宅ローンコンサル歴10年のFPが解説
住宅ローンの基礎知識
  • HOME »
  • 住宅ローンの基礎知識 »
  • 金融機関分析

金融機関分析

広島銀行ひろぎんスーパーフラット35(2018年5月の新商品)

フラット35は一般的に「買取型」ですが、ARUHI(アルヒ)等一部の金融機関では「保証型」のフラット35も扱っています。最低金利が定められている買取型と違い、保証型では金利を低く設定できます。広島銀行では2018年5月か …

ARUHI スーパーフラット借換のメリット、デメリット

ARUHIでは「スーパーフラット」という名称のフラット35保証型商品を出しており、通常のフラット35(買取型)よりも金利が低くなっています。今までのスーパーフラットには「新しく住宅を購入する人」用の商品しかありませんでし …

みずほ銀行 自然災害支援ローン

2018年2月にみずほ銀行の住宅ローンに「自然災害支援ローン」が誕生しました。2つの補償を選ぶことができます。1つ目の補償は、金利を0.1%上乗せすると自然災害の被害にあった時「最長2年間分の毎月返済額を払い戻す」もの( …

フラット35リノベ、4月から金利引下げ0.5%に縮小

中古住宅の流通が少ない日本でその流通を促進しようという各種政策が行われています。その1つがフラット35リノベです。性能が劣る中古住宅を購入し、性能向上リフォームを行う場合にフラット35リノベが使え、フラット35の金利引下 …

愛媛銀行、北日本銀行の災害保障付団信

愛媛銀行と北日本銀行ではカーディフ損保と提携し、地震や火災等の災害でローンの対象建物が壊れて居住できなくなった場合、月々のローン返済額を補償するという特約が用意されています。 保障の対象となる災害 保障の対象となるのは、 …

ARUHIスーパーフラット9のメリット、デメリット

ARUHIにはスーパーフラットという商品がありましたが、2017年10月からスーパーフラットは2つの商品に分かれることになりました。今まで「スーパーフラット」と呼んでいたものは「スーパーフラット8」となり、2017年10 …

じぶん銀行10年固定金利を借換で使うメリット、デメリット

じぶん銀行住宅ローンでは変動金利や10年固定金利等の金利が低くなっています。特に10年固定金利は、我々住宅ローンのプロの中ではある条件に当てはまる場合には重宝します。ただしじぶん銀行の10年固定金利には、一般の人が気づき …

新生銀行ステップダウン型住宅ローンのメリット、デメリット

2017年11月に、新生銀行に新しい住宅ローンが誕生しました。ステップダウン型全期間固定金利というもので10年経過後、5年ごとに金利が下がる珍しい住宅ローンです。今回は、新生銀行ステップダウン型住宅ローンのメリット、デメ …

ARUHIスーパーフラット8のメリット、デメリット、注意点

マイナス金利導入後、全期間固定タイプの住宅ローン金利が下がり、弊社にも全期間固定を利用したいという相談が増えています。フラット35は全期間固定の代表的なものですが、そのフラット35を扱う銀行の中でもARUHI(アルヒ)の …

新生銀行住宅ローンの特徴、メリット、デメリット

新生銀行住宅ローンはインターネット上の口コミサイトを中心に人気があります。しかしそのメリット、デメリットについては間違った記述も見られます。ここでは住宅ローンの有料コンサルティングを行っているプロから見た、新生銀行のメリ …

PAGETOP
Copyright © 株式会社FPアルトゥル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.