新生銀行住宅ローンはインターネット上の口コミサイトを中心に人気があります。しかしそのメリット、デメリットについては間違った記述も見られます。ここでは住宅ローンの有料コンサルティングを行っているプロから見た、新生銀行のメリット、デメリットをまとめます。手数料・保証料の安さ、借換えの際に35年まで返済を延ばせるといったメリットがある反面、ネットで人気になっている変動金利タイプは注意して利用する必要があります(2016年11月現在)。

新生銀行住宅ローンのメリット1:手数料・保証料の安さ

新生銀行住宅ローンのメリットの1つが融資手数料と保証料の安さ、にあります。一般的な融資手数料と保証料との関係は次のようになっています。まず大手都市銀行等では融資手数料が32,400円と低い反面保証料が融資額の約2%というところが多いです。一方、最近では保証料が0円の銀行も増えていますが逆に融資手数料が融資額の2%となっていたりします。

新生銀行では保証料は0円でかつ融資手数料が54,000円という安さが特徴です。これは大きなメリットになります。住宅ローンの比較では金利だけでなく、こうした手数料等の諸費用を含めた比較が必要になります。新生銀行の住宅ローンは手数料等が低く、金利はそこまで低くない(後述)という特徴があります。

新生銀行住宅ローンのメリット2:借換えの際に最長35年まで返済年数を延ばせる

新生銀行住宅ローンのメリットの1つが借換えの際に返済年数を最長で35年に延ばせるという点があります。一般的な銀行ではそうではありません。例えば当初35年返済で借りていて、3年10カ月経過したとします。残り31年2か月の返済期間があるということですね。この状態で住宅ローンの借換えを行うと、一般的な銀行では返済年数が31年となります(31年2か月の2か月という端数を切り、31年になるところがほとんど。31年2か月で貸してくれるところも少数ですがある)。一方、新生銀行では再度最長で35年という返済年数に設定できるのです。

住宅ローンをあまり知らない方にはイメージできないかもしれませんが「借換え時に35年まで返済年数を延ばせる」というのは大きなメリットになります。毎月返済額をそれだけ小さくできる可能性があるからです。しかし今後の総返済額は増えてしまいますし、35年に延ばすと言うことは年齢が高くなってからも住宅ローンを返さないといけないということですからデメリットにもなりえます。利用の際は住宅ローンのプロ等に相談し、しっかりとした返済計画、資金計画を立てた上で利用する必要があると言えます。

新生銀行住宅ローンのデメリット:変動金利の金利優遇期間が短い

インターネット上の新生銀行住宅ローンへのクチコミでは「変動金利が安くてお得」というような情報が書かれていることが多いです。しかし、住宅ローンのプロから見るとこれは間違った情報です。2016年11月の変動金利タイプは0.5%。確かにこれは他の銀行と比べて最も低い数値です。しかし、新生銀行の変動金利タイプには落とし穴があります。それはこの低い金利は半年しか続かないということです。

まず借入当初6カ月の金利は確かに0.5%と低いです。しかし半年経過後の金利は次のように高くなってしまうのです。半年経過後は「基準金利から0.65%を引いた値」が適用金利となります(借入残高が500万円以上の場合。残高が500万円未満になる後述するようにもっと金利が高くなる)。

2016年11月現在の基準金利は1.5%ですので、1.5%-0.65%=0.85%ということです。つまり新生銀行の場合、最初の6カ月は確かに金利0.5%と他行よりも低いのですが、6カ月経過後に金利は0.85%に上がってしまうということになります(数値は2016年11月現在)。

一方、大手都市銀行では変動金利は0.625%というところが多いです(2016年11月現在)。結局ネット上での口コミほど新生銀行の変動金利は低くない(むしろ高い)ということが言えるのです。なお、借入残高が500万円未満になると、基準金利から0.25%を引いた金利に変更になります。基準金利が1.5%のままであっても金利は1.25%(1.5%-0.25%)まで上がってしまうのです。このように新生銀行の変動金利は他の銀行と違って特殊な金利の決まり方をします。「えっ、新生銀行の変動金利って0.5%?安い!!」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、カラクリがあるという点には注意しておきましょう。

まとめ

保証料や手数料が安いというメリットがある反面、金利は実はそこまで低くはないというのが新生銀行の特徴です。借換えの場合でも新しく住宅ローンを組む場合でも他の銀行と比較した上で決定していくとよいでしょう。借換えの際には「最長35年まで返済年数を延ばせる」という点はメリットになります。

新生銀行やその他の住宅ローンも熟知した住宅ローンのプロがあなたに最も適した住宅ローンをアドバイスします。

160_960